エアーフォースワン(Air Force One :和称、大統領専用機)はフィリピンで最も有名

2019年10月6日

フィリピンでマッサージを研究しているトッティーです。

フィリピン、マニラ(Manila)、マカティ(Makati)といったメトロマニラ地区に住んでいる駐在員の間で最も有名なマッサージ店であるエアーフォースワン(Air Force One)、和名「大統領専用機」について書きたいと思います。

 

エアーフォースワン(Air Force One)の場所は、パラニャーケ(Parañaque)地区

エアーフォースワン(Air Force One)が、どこにあるのかというと、実はニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport:略称、NAIA 「ナイア」と発音します)の近くにあります。

マカティ地区からですと、空いていればタクシーで20分くらいです。
住所:Dr A. Santos Ave, Parañaque, Metro Manila

上の地図の“ Flight168 ” がエアーフォースワン(Air Force One)になります。

詳細は以下を読んでいただければ分かります。

 

エアーフォースワン(Air Force One)について

エアーフォースワンは有名ですが、結論としてはマッサージのレベルや上手さに当たり外れが激しい感じです。要は極めて属人的ということです。ちなみに私は一度もマッサージで良かったと感じたことがありません💦

なぜ属人的なのかというと、店内ではマッサージや指圧の教育をほぼ行っていないに等しい状態だからです。
店内にいる先輩から見よう見まねで習う、自己流、なかにはおばあちゃんに習ったという人もいました(笑)
ですので、指圧やマッサージのレベルは、アバカマッサージと比較すると、統一感がありません。

あと勘違いしている人が多いので補足で説明すると、「エアーフォースワン」自体はエンターテイメント施設の総合名称でして、マッサージ店としてよく話にあがるのは、エアーフォースワンの中に入っている「Flight168」になります。エアーフォースワン=Flight168ではありませんが、会話では一般名称でエアーフォースワンとなります。

 

システム

1.二階の受付カウンターで受付料金を支払います。

お店に着いたら、まずは階段を上って2階にいきましょう。そこに受付があります。

料金体系は、旅客機を模しており、エコノミークラス、ビジネスクラス、ファーストクラスの3つに分かれています。
料金※は、エコノミークラスは1300ペソ※(時間は1時間15分ほど)、ビジネスクラスは2500ペソ、ファーストクラスは3000ペソです。
違いは「セラピストのレベル」と「部屋のグレード&時間の長さ」です。ビジネスとファーストクラスのセラピストは同じです(同じ部屋にいます)。
※フィリピンでは日本よりもインフレのスピードが早いため、上記料金は異なることがあります。

料金

まとめると以下の通りです(2019年5月現在)

12:00PM~7:00PMが
エコノミー 部屋代PHP900、
ビジネス 部屋代PHP2000

通常時間(7:00PM~1:30AM)が
エコノミー 部屋代1200、チップ1500 サービス時間1時間15分
ビジネス 部屋代2500 チップ2000 サービス時間1時間30分
ファーストクラス 部屋代3000 チップ2500 サービス時間2時間

ちなみに深夜割引もあります。

午前1時31分から午前4時という中途半端な時間ですが、

エコノミークラスが1000ペソ、ビジネスクラスが1500ペソ、
ファーストクラスが2000ペソになります。

部屋の設備の違い

部屋の設備の違いは、以下の通りです。
・エコノミークラスは、シャワーのみ。
・ビジネスクラスは、浴槽有り。
・ファーストクラスは、浴槽+ミストサウナ。

なお、午後7時前までに入場した人には早期入場割引(早割)があり、例えばエコノミークラス価格は午後19時前入場で1000ペソになります。(19時後入場は1300ペソ)

2.セラピストを選びます。
エコノミーの場合は、2階受付カウンター裏にあるエコノミーのセラピストを選びます。
ビジネス、ファーストクラスの場合は、1階へ降りていき、ビジネスクラス、ファーストクラスのセラピストを選択します。

いずれのクラスでセラピストを選択する際には、眼力が試されます。
選び方は、もちろん直感になりますが、一番大事なのは目が合うかどうかです。
相手が貴方に関心ない場合、目を合わしてきません。強引にそのようなセラピストを選んだ場合は、かなり悲しい思いをすることになります。

ちなみに、名札に数字が書いてあるセラピストは試用期間終了後の人、名札にアルファベットが書いてあるセラピストはまだ新人です。どちらが良いかは人次第です。

カーテン越しに見る、直接チェックするのが基本ですが、恥ずかしがり屋の人には、カメラを使ってモニタでチェックすることもできます。

3.部屋に行く

セラピストを選ぶと、その後一緒に部屋に行きます。エコノミーの部屋はかなりチープなつくりです。
セラピストと一緒に部屋に行くとまずは飲み物をお勧めされますが、飲料は必ずしも注文する必要はありません。飲料を注文した場合は、コーラ250ペソ等、非常に高いです。
お茶、水は無料なので、そっちがオススメ。セラピストに飲み物をごちそうする必要はありません。
飲み物を持ってきた丁稚小僧には20ペソをあげるのが習わしです。

セラピストは一時どこかにいきますが、その後戻ってくるとシャワーを浴びます。シャワーでの流れはセラピスト次第で変わります。その後マッサージをしてくれます。マッサージの腕前はあまり期待できません。マッサージ終了後は仕上げをしてくれますが、それも大したものではない傾向にあります。

4.終了後
基本的には入場した時と同額のチップを終了時に部屋の中で支払うことになりますが、交渉次第になるので定価はありません。

総括

行くと満足度が低い・・・というのが、個人的な印象です。
ただし個人差があるので、継続的に通って当たりのセラピストを見つけられれば幸せになれるかもしれせん。セラピストによっては、連絡先を聞いてくるので、外で個人的に会うことも可能です。特に新人さんほど、その傾向が強いです。

もしかするとエアフォースワン(空)に行くくらいであれば、まだ、スターフリート(宇宙)に行った方が良いかもしれません。

スターフリートに関しては、別のページで紹介します

エアフォースサトゥとは

これはおまけ情報です。
フィリピンのマニラ地区では、絶大な知名度を誇るエアフォースワンなので、海外でもその名は轟いており、在インドネシアのフィリピン駐在経験者のフィリピン同窓会の名前が、「エアフォースサトゥ」となっています。

「サトゥ」とは、インドネシア語で「1」の意味で、エアフォース・ワンの「ワン」をインドネシア語に置きかえているだけです。
フィリピン、メトロマニラ地区駐在経験者がその名前を聞くと、思わず「おぉー!」って思います(笑)
ネーミングセンスが抜群ですね(笑)

エアフォースワンの評価

マッサージの上手さ:1

清潔度:3~5

コストパフォーマンス:4

当たりのセラピストに巡り遭わない限り、後悔する可能性は大です。

もっとマッサージ情報を見たい場合は、にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村 フィリピン情報をチェック!